PAシステム

計装制御システムは、分散型計装制御システム(DCS)が標準の地位を確立していますが、市場からはもっと安価でコンパクトな制御システムが求められています。
通常のPLCでは、PID制御命令などが用意されていますが、ループ制御を実現するには機能が不足していました。
そこで、ループコントロール専用のユニットをPLCに付加することにより、従来の大型DCS計装をPLC計装によるコンパクトで、ローコストなPA制御システムを可能にしました。
また、近年JOYWATCHER SIパートナー契約を結ぶなど、人間が監視・制御・管理しやすい画面表示、機能にも注力しております。


過去の納入例

 プラント制御監視システム

制御を行うPLCは二重化を行い、対故障性が高いシステムとなっています。監視システムは、収集した情報をグラフで表示するトレンドグラフ機能、日別のデータが出力される帳票機能、アラーム機能など、便利な機能を多数実装しています。

分野 名称 内容 備考
2016 製造 ヒーター温度監視 40本のヒーター温度を取得し、タッチパネルで設定した上限値、下限値 の警報監視を行うシステム PLC:三菱(FX3G)
TP:三菱(GT16)
2015 検査 Ni-Co濃度分析計盤の製作 めっき液の濃度分析を行う盤を製作 PLC:三菱(Q03UDV)
TP:三菱(GT2708)
  化学 教育用の簡易プラント設備 三菱計装PLCで制御した設備をJoywatcherで監視するシステム PLC:三菱(Q02PH)
PC:JoyWatcher
  化学 原料工程設備PC更新(VDS) 設備改造に伴い、ASTMAC PC×2台のソフト改造を実施 PC:横河(ASTMAC)
PLC:三菱(A2A)
  化学 原料工程設備PC更新 既設ASTMAC PC×2台、PLC(F3SPV8)の設備更新に伴い、 VDS PC×2台、PLC(F3SPV9)へ更新を実施 PC:横河(VDS)
PLC:横河(F3SPV9)
  環境 脱硝システム Noxを含むディーゼル発電機の排ガスを窒素と水に分解する脱硝システム PLC:三菱(FX3U)
TP:三菱(GT16)
2014 化学 DCS盤製作 DCS盤設計。
EIA規格に則った制御盤を製作。
CENTUM:横河電機
  化学 FCS制御盤製作 工場プラント用DCS盤製作。
FCS盤・DI/O盤・AI/O盤・計装盤
分電盤・端子盤等 計7面製作。
CENTUM:横河電機
  化学

フィルター
制御盤更新

塩水内の不純物をろ過する設備。
既設盤老朽化の為、制御盤の更新。
三菱電機AシリーズをQシリーズに更新。
PLC:三菱電機
(Qシリーズ)
  公共 ポンプ給水
制御装置
タンクへの給水制御を行う設備。
CC-LinkIEでPLC間通信、各PLCにはタッチパネルを接続し、同じ情報を共有。操作パネルを切換えることができ、1台でしか操作できないようにしている。プロセスPLCで、他のPLCのPID制御もまとめて実行している。
PLC:三菱電機
(Qシリーズ)
TP:三菱電機(GT16シリーズ)
  化学 プラント監視
システム
3台のSCADA PC(JoyWatcher)により三菱の二重化PLC(計装PLC)を監視するシステム。 PLC:三菱電機
(Qシリーズ2重化システム)
SCADA:JoyWatcher
2013 鉄鋼 温度制御
DCSシステム
PLC化
旧DCS計装システムを三菱電機の二重化PLC(計装PLC)1台とタッチパネル2台の構成へ更新した。50点のプロセスデータのトレンドグラフを2台のタッチパネルで任意に監視できるようにした。 PLC:三菱電機
(Qシリーズ2重化システム)
TP:三菱電機(GT16シリーズ)
  化学 プロセスデータ
収集管理
サーバー
サーバーPCにて各端末から受信した約5000点の工場のプロセスデータをそれぞれ分単位、時間単位、日単位に集計・解析を行い、データベースへ登録する。
クライアントPCにてそれらのデータのトレンド表示を行うシステムを構築した。
開発言語:Microsoft Visual Basic .NET
  化学 ガス製造設備
分析制御盤
ガス製造設備において、製造したガスの分析を行う装置。
リモートI/OはDeviceNetを使用。
関連設備とはControllerLinkにて接続し、データや制御信号の取り合いを行う。
PLC:オムロン
(CSシリーズ)
TP:デジタル
(GP4000シリーズ)
  化学 遠隔監視
システム
既設9つの制御盤へPLCを増設し、PCにて監視、遠隔操作を行う。PLCにて調節計通信を行い、調節計の状態監視・パラメータ送信も可能にした。 PLC:オムロン
(CSシリーズ)
TP:デジタル
(GP4000シリーズ)
  化学 混合設備
システム更新
PLCとSCADAで構成されている混合設備の更新。
PLCは安川(GLシリーズ)をオムロン(CS1G)へ更新した。
SCADAはPCをWinNTからWin7へ更新し、InTouchを最新バージョンへ更新した。
SCADA:InTouch
PLC:オムロン
(CSシリーズ)
TP:オムロン
(NSシリーズ)
2012 化学 樹脂原料製造
プラント
監視制御
システム
ラダーCPU+計装CPUにより、製造プラントの原料計量と反応温度管理を自動制御する。
また、レシピ管理機能により反応温度管理の切替えを行う。
iFIXと通信するPLCは横河+三菱電機の混在。
SCADA:iFIX
開発言語:Microsoft Visual Basic 6
PLC:横河電機
(FA-M3)
三菱電機(Qシリーズ)
  化学 溶剤回収設備
制御盤
排水液から溶剤を分離させ回収する設備。
PLCはオムロン二重化CPUを使用。
横河調節計とDeviceNetにて接続。
PLC:オムロン(CS1D)
TP:デジタル
(GP3000シリーズ)